2021/11/17

神奈川県の小坪小学校を訪問しました。

先月、神奈川県逗子市にある小坪小学校を訪問しました。自分たちにもできる国際支援として、夏休みにペットボトルキャップ回収に取り組んでくれた同校の4年生の皆さんに、回収したペットボトルキャップがワクチンとして途上国の子どもに届くまでの流れや、ワクチンを必要としている現地の子どもたちの様子を写真を使って紹介しました。

結びの言葉として、先生から子どもたちへの「途上国の子どもたちを想うこと、子どもたちの命を守るために身近なことからできることがあるので、これからもできる範囲で続けてほしい」というメッセージがとても胸に響きました。小坪小学校4年生の皆さん、これからも子どもワクチン支援へのご協力をよろしくお願いします!

講師派遣、事務局訪問について詳しくはこちら

ワンアクション! あなたもあなたにできること、始めませんか!?

◆「ワンアクション!」特設ページはこちら

この記事を書いたひと

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。