ペットボトルキャップを集める

キャップを集めて、子どもワクチン支援。
学校・会社・自治体などを通してたくさんの皆さんにご参加いただいています。
このページでは、よくあるお問い合わせを中心にキャップ回収を通じた寄付の仕組みをご紹介します。

なぜペットボトルキャップがワクチンに変わるの?

キャップは粉砕処理され、家電製品などを作るためのリサイクル素材になります。
そのため、キャップはキロ単位で売却することができ、その売却益を私たちに寄付することができます。
普段捨ててしまうキャップでも、約2キロ(約860個)でポリオワクチン1人分相当の20円になります。

ペットボトルキャップがワクチンに変わるまで

ペットボトルキャップは、回収業者によってリサイクル資源として売られます

売られた際の売却益がJCVへの寄付となります

UNICEFと連携して、世界のワクチン工場へワクチンを発注します

製造されたワクチンは冷凍のまま空輸で、支援国へ届けられます

支援国のワクチン保管センターで冷蔵・冷凍状態で保管されます

各地の予防接種会場で子どもたちへワクチンを接種します

医薬品であるワクチンを、ワクチン製造から接種の瞬間まで冷蔵・冷凍された状態で管理することをコールドチェーンと呼びます。子どもワクチン支援には、ワクチンとコールドチェーンがともに大切です。

ペットボトルキャップ支援をはじめよう!

スムーズなキャップ回収と子どもワクチン支援のため、事前に回収環境を整えることをおすすめします

JCVでは、直接キャップの回収は行っておりません。
まずは、キャップ回収事業者団体一覧より、回収先を探しましょう。

キャップ回収事業者団体一覧をみる

自宅、会社、学校などで 捨ててしまうキャップを集めましょう。
保管場所や保管方法について事前に確認しておきましょう。

キャップを回収事業者団体へ引き渡しましょう。
回収に来てもらう、持ち込む、郵送するなど、方法はさまざま。また、キャップの受領証発行の有無も異なります。あらかじめ確認しておきましょう。

ペットボトルキャップ回収を通した寄付の方法は2種類あります

  1. 集めたキャップを回収事業者団体に引き渡し、回収事業者団体がキャップをリサイクル素材に換え、売却した利益がJCVに寄付される方法。
    ※JCVの領収書は回収事業者団体向けに発行されます。
    キャップの受領書の発行をご希望の方は、回収事業者団体へお問い合わせください。

  2. 集めたキャップを回収事業者団体で換金し、その金額を直接JCVに寄付いただく方法。
    ※JCVからの領収書が発行されます。

ペットボトルキャップ回収についてのよくあるご質問

身近なところに回収協力団体がないのですが、JCVで探してもらえるのですか?

回収事業者団体リストをご確認ください。同リストは随時更新されます。回収にあたっての詳細は直接回収事業者団体にお問い合わせください。同リストに記載のない団体については情報がございません。ご了承ください。

JCVのロゴ、支援国の子どもたちやワクチンの画像などを使用したいのですが提供してくれますか?

JCVの子どもワクチン支援活動にご協力いただいている皆さまは、公式キャラクター「ワクちゃん」、バナー、画像データをご使用いただけます。すべて事前に申請書の提出が必要です。ご請求方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

ペットボトルキャップ回収事業者・団体一覧に情報を掲載して欲しいのですが?

この一覧は、タイアップ協力を結び、JCVへの寄付の実績がある回収事業者団体を原則掲載しています。まずはタイアップ協力の締結をご検討ください。タイアップ協力のお申し込みやお問い合わせについて、詳しくはこちらをご覧ください。

受領書を発行してもらえますか?

JCVに直接お振り込みいただいたご寄付への領収書は発行しておりますが、キャップの受領書は発行しておりません。キャップの受領書をご希望の場合は、キャップ回収事業者団体へ直接お問い合わせください。

ペットボトルキャップを回収するボックスを購入したいのですが、どこで買えますか?

JCVでは、キャップ回収容器の販売やご紹介は現在行っておりません。子どもワクチン支援を紹介するための資料や画像などの素材、ポスターなどはご提供しておりますので、どうぞお問い合わせください。

宣伝するような広告・ポスターなどはありますか?

子どもワクチン支援全般についてのポスターや資料はこちらからご請求ください。タイアップ協力を締結いただいたキャップ回収事業者・団体さまには、別途キャップ回収専用のポスターのご用意がございます。担当者までお問い合わせください。

ペットボトルキャップ回収情報

ペットボトルキャップ回収に関する情報をブログ形式でご紹介しています。

ペットボトルキャップ回収ブログを見る

講演のご依頼について

私たちの取り組みや子どもワクチン支援をご紹介す
るため、講師派遣と事務局訪問を行っています。