2021/09/15

広島文化学園大学さまがペットボトルキャップアートを制作されました!

広島文化学園大学の皆さんが、コロナ禍でも地域の方と一緒に交流することを目指して、キャップアートを制作されました。
ペットボトルキャップを集めるために、学生、近隣の幼稚園や小学校へ回収をお願いし、ラジオにも出演して活動を紹介したところ、全国からたくさんのキャップが大学に届いたそうです。そして、たくさんの方のあたたかい想いが詰まった素敵なキャップアートが完成しました。

広島CLiP新聞でも活動がご紹介されています(「広島文化学園大学 講師 湯浅理枝さん|「できないではなく、どうすればできるか」学生たちを成長させる合言葉」)。

感染対策に気を配りながら、キャップアートの制作を進めてくださり、ありがとうございました。今回の皆さんの企画に、多くのあたたかい協力の輪が広がったと聞き、とても嬉しく思いました。
これからも、子どもワクチン支援にあたたかいご協力をよろしくお願いいたします。

ワンアクション! あなたもあなたにできること、始めませんか!?

9/5〜10/9「小さな幸せ、ひとつのワクチン」チャリティーキャンペーン実施中!
Instagramに写真を投稿して世界の子どもたちに笑顔を届けませんか? 特設ページはこちら
◆「ワンアクション!」特設ページはこちら

この記事を書いたひと

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。