2021/07/15

「世界ありがとうの日」に寄せて

今日は「世界ありがとうの日」です。
日頃より、世界の子どもにワクチンを 日本委員会の活動をご支援いただいている皆さまに、心より感謝を申し上げます。

昨年から続く新型コロナウイルスの感染拡大は、支援国におきましても、ロックダウンによるワクチン接種の中断、それに伴う接種率の低下など、大きな影響を与えています。接種活動が思うように実施できない状況の中、制限が緩和されると「訪問ワクチン接種」に力を注ぐなど、できるだけ多くの子どもたちにワクチンを届けるため、現地スタッフが最善の努力をしています。

また、ミャンマーにおきましては、今年2月に発生したクーデター以降、全国で子どもたちへのワクチン接種が停止し、感染症が拡がる危険が、日々高まっています。ワクチン接種活動の早期再開に向け、現地UNICEF事務所と連絡を取り合っておりますので、また状況がわかり次第、皆さまにお知らせさせていただきます。

ワクチンは、子どもたちのちいさな命を感染症から守る大きな力となります。JCVは、これからも皆さまのお力をお借りし、子どもワクチン支援活動を通して、子どもたちの笑顔と未来を支えて参りたいと思います。引き続きあたたかいご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コロナの感染には引き続きお気を付けて、くれぐれもご自愛ください。

 
認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会
会長  細川佳代子
 

ワンアクション! あなたもあなたにできること、始めませんか!?

先日放送した「ワンアクション 〜世界の子どもを救う第一歩〜」では、JCV創設者で現会長の細川佳代子が、子どもワクチン支援活動をはじめるきっかけとなった「想い」、そして、その「想い」を受け、未来を紡ぐ子どもたちの命を救うために、27年間活動を続けるJCVの「想い」を、創設当時から現在までの写真や映像を交えて紹介いただきました。BS12のYouTubeチャンネルで動画の視聴が可能ですので、この機会に是非ご覧ください。

◆「ワンアクション!」特設ページはこちら
◆7/1〜8/31「本、CD、ゲームソフトでワクチンを贈ろうキャンペーン」特設ページはこちら

この記事のタグ

この記事を書いたひと

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。