2020/11/26

「古着deワクチン」が「シンプルスタイル大賞」金賞を受賞しました

JCVの支援企業のひとつ、日本リユースシステム株式会社が運営する「古着deワクチン」が、この度「シンプルスタイル大賞」の「サービス・空間部門」で金賞を受賞しました。

13万人以上の整理収納アドバイザーが選出した商品としてノミネートされ、お片付けの専門家の皆さまから整理整頓の考え方を反映した優れたサービスとしてお墨付きをいただきました。皆さまも「古着deワクチン」を使って、おうちに眠っている衣類をリユースに出して、お部屋も心もスッキリしませんか?

「古着deワクチン」のサービス内容についてはこちら
日本リユースシステムのウェブサイトはこちら

日本リユースシステムさまが手がける「古着deワクチン」は、不要になった衣類やカバン、靴等を送るだけで、お部屋が片づくだけでなく、世界の子どもにワクチンを贈れる、とても素敵なお片づけサービスです。2010年11月の活動開始から2020年11月までに、累計で約22,817,000着分の衣類を再利用し、ポリオワクチン2,794,661人分を贈っています。

この記事を書いたひと

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。