2020/05/11

ワクチン接種で免疫力アップ

神戸大学の岩田健太郎教授が、免疫力を上げる効果的な方法としてワクチン接種を挙げ、記事の中ではしか(麻疹)と日本脳炎について紹介していました。(東洋経済オンライン 岩田健太郎「よく走る人ほど風邪ひきやすい訳」

はしかのウイルスはコロナウイルスよりもはるかに感染力が強く、世界中で子どもたちへの接種が推奨されています。勿論日本でも接種されていますが、JCVの支援国にも皆さまのご支援ではしかのワクチンが贈られ、医療が行き届いていない途上国の子どもたちの健康と家族の生活を守っています。

冒頭でご紹介した岩田教授によると、免疫力はアップさせるもののではなく、メンテナンスするという意識をもって、休養、睡眠、適度な運動と食事を心がけて、バランスをとることが大事だそうです。免疫力が気になるコロナ禍の今、ぜひアドバイスとしてご参考になさってください。

この記事のタグ

この記事を書いたひと

清水 大輔

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。