2019/12/27

2019年度ワクチン支援供与実績

いつも子どもワクチン支援に、あたたかいご理解とご協力をありがとうございます。
皆さまのおかげで、2019年も総額1億1,565万6,724円のワクチンおよび関連機器等を、ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツの子どもたちに贈ることができました。皆さまのあたたかいご支援に、心より感謝を申し上げます。

支援内容の詳細は、下記の通りです。

2019年 支援総額:1億1,565万6,724円

ミャンマー 4,371万4,338円

定期予防接種支援
■コールドチェーンなど:冷凍庫 112台、アイスライン保冷庫/冷凍庫 100 台、ソーラー保冷庫 30台、温度計、定電圧装置 

ラオス 2,426万2,311円

定期予防接種支援
■ワクチン:MR(はしか / 風疹) 223,530人分 
■コールドチェーンなど:注射器、使用済み注射器回収箱、プログラム管理費用 

ブータン 2,459万5,694円

定期予防接種支援
■ワクチン:経口ポリオ 95,000人分、BCG 140,000人分、MMR(おたふく風邪 / はしか / 風疹) 55,000人分、DPT (ジフテリア / 百日咳 / 破傷風) 50,000人分、B型肝炎 8,000人分、TD(破傷風 / ジフテリア) 125,000人分 
■コールドチェーンなど:冷凍庫 7台、ワクチンキャリアー 70個、コールドボックス 45個、注射器、温度計

バヌアツ 2,308万4,381円

定期予防接種支援
■ワクチン:経口ポリオ 70,000人分、五価(ジフテリア / 百日咳 / 破傷風 / B型肝炎 / 髄膜炎桿菌b型(Hib)による細菌性髄膜炎) 29,000人分、MR(はしか / 風疹) 35,000人分、TD(破傷風 / ジフテリア) 50,000人分 
■コールドチェーンなど:アイスライン保冷庫 6台、注射器、使用済み注射器回収箱、保護者への啓発活動費用、ヘルスワーカー研修費用

ご支援いただいている皆さまに、あらためて感謝を申し上げます。引き続き、あたたかいご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

この記事を書いたひと

清水 大輔

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。