2018/11/09

風疹、はしかにご注意ください。

皆さまの支援で、今日もMMRワクチンがブータンの子どもたちに届けられています。
日本では「新三種混合ワクチン」とも呼ばれ、風疹、はしか、おたふく風邪のワクチンが1つになっています。

感染症は、世界共通。
人がいるところに、感染症の危険は常にあります。

今年、日本では風疹が流行しています。
30代~50代の男性は風疹ワクチン未接種の方が多く、人が集中する東京近郊を中心に流行が続いています。

ヨーロッパでは、はしかが流行しています。
ニューズウィーク日本版では、半年で感染者4万1000人以上、死者40人と大流行し、アメリカでも流行り始めていると報道されています。(https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/post-11229.php
日本でも、今年の春には沖縄と愛知で、はしかの感染が確認されました。

年末年始は移動が増える時期、人の移動と共に感染症も拡がります。
家族や友だち、同僚を守るため、皆さまもこの機会にワクチン接種をご検討ください。
(※「小さい頃に、はしかも風疹もかかった」という方も実は別の病気だった、という可能性があります)

風疹も、はしかも、ワクチンで予防できる感染症です。
途上国だけではなく、日本でもワクチンで助かるちいさな命を救うため、拡散にご協力ください。

この記事のタグ

この記事を書いたひと

清水 大輔

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。