2022/07/19

横浜市立もえぎ野中学校さまに講師派遣でお伺いしました

先日、ペットボトルキャップ回収を通して子どもワクチン支援にご協力いただいている横浜市立もえぎ野中学校さまに、講師派遣でお伺いしました。

保健委員会の30人ほどの生徒さんたちに加え、保護者の方々や先生方も参加。
途上国での子どもたちの暮らしや回収されたキャップがどのようにワクチン支援に結び付くのか、また、キャップ回収がワクチン支援だけでなく、ゴミ削減・マイクロプラスチック対策といったSDGsにも貢献できることなど、様々な理解を深めていただく機会となりました。

また、ミスユニバーシティ神奈川代表でもあるインターン生の小清水 伶奈さんも初めて登壇。
年の近い支援者としての生の声を生徒さんたちに届けてくれました。

講師派遣は随時受付中。
日本全国どこでもお伺いいたします。
また、オンラインでの開催も可能です。
ご希望の方は、ぜひこちらからお申込みください

ワンアクション! あなたもあなたにできること、始めませんか!?
◆「ワンアクション!」特設ページはこちら

この記事を書いたひと

乙津 俊輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、画像使用申請、講師派遣などを担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。