2020/08/18

千葉県の袖ケ浦市社会福祉協議会を訪問しました。

今日は、千葉県の袖ケ浦市社会福祉協議会のイベント「夏休みボランティア講座 ペットボトルキャップ集めたあとはどうなるの?」に講師として参加しました。猛暑が続き、感染症対策にも注意が求められる中にもかかわらず、お話を聞きに集まってもらい、とても嬉しかったです。

袖ケ浦市社会福祉協議会では、地域の学校や企業、個人ボランティアの協力により、昨年度は2,891kgものペットボトルキャップが集め、仕分け作業も行っていただきました。ご協力くださっている皆さまの活動に感謝申し上げます。

ご参加くださった皆さま、今日はありがとうございました。これからも、子どもワクチン支援にあたたかいご理解とご協力をよろしくお願いします!

講師派遣、事務局訪問はこちらからお申し込みください。

この記事を書いたひと

清水 大輔

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。