2020/02/10

日本での感染症にもご注意ください!

新型コロナウイルスの感染拡大を見ると、飛行機や船により移動が便利になったことで、感染症が国境を超えて拡がりやすくなったことを、あらためて強く感じます。

アメリカではインフルエンザが猛威を振るい、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の推計では、この冬に2,200万人がインフルエンザに感染、1万2,000人が命を落とし、大きな脅威となっています。本日、外務省は「米国におけるインフルエンザの流行」の情報を発信し、適切な予防策を講じるよう呼びかけています。

インフルエンザの予防については、ワクチン接種と咳エチケットが大切です。日本でもまだまだ流行している時期、自分自身と周りの大切な人を守るためにも、是非、予防接種を受けてください。

<参考情報>
Centers for Disease Control and Prevention – Weekly U.S. Influenza Surveillance Report
外務省 –  米国におけるインフルエンザの流行

この記事のタグ

この記事を書いたひと

清水 大輔

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。