2020/01/08

「古着deワクチン」が第3回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞

JCVの支援企業のひとつ、日本リユースシステム株式会社が運営する「古着deワクチン」が、この度、第3回目となる「ジャパンSDGsアワード」において、「特別賞(SDGsパートナーシップ賞)」を受賞しました。

「古着deワクチン」は、古着を集めて集客にも貢献し、SDGsの9つ(1.3.5.8.10.12.13.16.17)の目標達成とスッキリお片づけを実現するサービスです。2010年11月の活動開始から2019年12月までに、累計で約17,844,600 着分の衣類を再利用し、ポリオワクチンに換算して2,283,240人分 のワクチンを継続して寄付しています。さらに、開発途上国での雇用創出、国内の障がい者の方のお仕事の増加等につながる内容が、持続可能なシステムとして特筆すべき功績として評価され、ビジネスベースの取り組みとしては、唯一の表彰となりました。

日本リユースシステムさま、この度は受賞おめでとうございます!支援していただいている団体としても大変光栄で、また、今後の活動の励みにもなります。引き続き、子どもワクチン支援へのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

古着deワクチンのウェブサイトはこちら
日本リユースシステム株式会社のウェブサイトはこちら

この記事を書いたひと

高橋 昌裕

高橋 昌裕

ドナーケアグループおよび広報・啓発・教育グループ グループ長。支援者の皆さんとのコミュニケーションを担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。