2018/10/26

ブータン視察報告会 & 支援者交流会を開催しました!

世界ポリオデーの10月24日にあわせて、「ブータン視察報告会 & 支援者交流会」を開催しました。当日は、全国から40名の企業・団体の方々がお越しくださいました。

第一部 ブータン視察報告会

今年5月にブータンを一緒に訪問された3人の支援者さまを交えて、支援10年を迎えたブータンでの成果と課題、支援者さまが現地で感じたことをご紹介できました。
ブータンでは、皆さまのご支援で届けているワクチンにより、2014年にポリオフリーを達成することができました。

視察には、ペットボトルキャップの洗浄や仕分けの仕事をしている社会福祉施設のスタッフも参加しており、「障がいを持っていても、社会の役割を担っている」という熱いメッセージを、報告会でも発信いただきました。

第二部 支援者交流会

支援者さまからの要望を受けて開催させていただいた支援者交流会。昨年の視察に参加くださった三井化学株式会社の八木さま、日本リユースシステム株式会社の今野さまが中心になり、進行を務めてくださいました。

今後の支援活動やCSR活動を活性化させる方法、また、支援者さま同士の協力関係の構築や協業の可能性などについて、テーマ別の3グループになり、支援者さま同士で熱くお話いただき、最後にたくさんのアイデアが発表されました。

これをきっかけに、支援者さま同士の交流が活発になり、皆さまのCSR活動に少しでもプラスになれば、とても嬉しいです。

お土産のご協力をいただいた株式会社コロンバンの皆さま、飲み物とお菓子のご協力をいただいたネスレ日本株式会社の皆さま、ありがとうございました。

株式会社コロンバンの取り組みについて、くわしくはこちらから

ネスレ日本株式会社との取り組み「1杯のコーヒーがかなえる子どもの健康」について、くわしくはこちらから

「世界ポリオデー」とは

「世界ポリオデー」の10月24日は、ポリオワクチンを発明したジョナス・ソーク博士の誕生日であり、ポリオ根絶に取り組む様々な団体のポリオ根絶への貢献を周知し、ポリオフリーな世界の実現に向け、さらなる支援を呼びかける日です。
ポリオ根絶は、JCVにとって創設時に掲げた大きな目標のひとつです。人類の歴史上、これまで根絶された感染症は天然痘のみ。
史上2例目となる快挙を、皆さまと一緒に成し遂げたいと思っています。

これからも皆さまのお力添えを何卒よろしくお願いします。

この記事を書いたひと

清水 大輔

清水 大輔

広報・啓発・教育グループ所属。広報啓発活動や、UNICEF現地事務所や現地保健省との連絡・調整および視察の手配を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。