2019/04/11

東北の子どもたちに笑顔を届ける「笑顔バス」の活動を応援してください!

東北の震災から8年が経ちました。私どもJCVも、「子どもたちを笑顔にしたい」という目的のもと、支援者の方々や現地協力者の力をお借りして、2011年に活動を開始しました。

子どもたちと絵本作家さんが一緒に絵を描いたバスに、クラウンやアーティストを乗せて、被災地の子どもたちに笑顔を届けるプロジェクトは、「笑顔バス」という名として現地でも親しまれ、約4年半活動を続けました。団体の方針により、私どもは活動から離れなければなりませんでしたが、その活動を引き継いでくださったのが、現在、一般社団法人E&E(笑顔と笑顔)の代表理事を務める、山縣さんです。

ただ今、そのE&Eでは、活動を継続するためにクラウドファンディングに挑戦しています。活動の要となるバスの経年劣化が進み、このままでは動かなくなってしまう可能性があります。つながりのある現地の方々からは、「復興にはまだまだ時間が掛かる」、「トラウマを抱えている子どもたちも多く、継続して心のケアが必要」という話しを今もよく聞きます。「笑顔バス」にも、ぜひ来て欲しい!という声が多く届いているそうです。

子どもたちの笑顔のために8年間走り続けてきた「笑顔バス」を応援し、これからさらなる笑顔を届けるために、クラウドファンディングへのご協力をよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングの詳細と支援はこちら
笑顔バスの活動の様子はこちら

この記事を書いたひと

高橋 昌裕

高橋 昌裕

ドナーケアグループおよび広報・啓発・教育グループ グループ長。支援者の皆さんとのコミュニケーションを担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。