2017/02/14

武蔵野大学学生団体Hand to Handにて講演をしました

2017年2月8日、武蔵野大学薬学部の学生団体「Hand to Hand」でJCVの活動報告を行いました。

当団体は、2013年からJCVを応援してくださっています。古くなった教科書を先輩から譲り受け、それらを定価より安い値段で後輩に販売した収益を寄付するという、とてもユニークな取り組みです。実際に支援国に足を運んだり、国内では東北訪問も行ってきました。

薬学部の皆さんというだけあって、ポリオなどの基本知識は既にお持ちで、予防できる感染症で命を落とす子どもの数「1日4,000人」という数字もしっかり頭に入ってらっしゃいました。今年の3月にはラオスに視察に行かれるそうです。

子どもワクチン支援にとても真剣に取り組んでくださっているHand to Handの皆さん。これからも応援をよろしくお願いいたします!

 

この記事のタグ

この記事を書いたひと

原 佑理子

原 佑理子

広報・啓発・教育グループ所属。JCVの広報とワクチン啓発活動に加え、講師派遣や事務局訪問時の講師を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。