2016/03/18

大阪体育大学体育学部の学生が事務局を訪問

大阪体育大学体育学部3年渡邉さまはじめ学生4名は、2015年4月から同学内でペットボトルキャップの回収運動をスタートしました。友人や家族に声をかけて、現在は学内に限らず、バイト先や地元の企業まで活動を広げ、その売却益をJCVに寄付しています。

自分たちの活動の先を知りたいという思いで、3月4日に大阪からはるばる東京のJCV事務所に来てくださいました。

JCVの活動と支援国について約1時間半の説明のあと、ペットボトルキャップ回収運動の意義について話し合い、途上国支援への思いをうかがいました。自分たちの活動の先をみるために、ワクチン接種が行なわれる現地を訪れたい、と次の目標に向かって意欲を燃やしていました。

講師派遣やJCV事務局訪問はこちらからお申し込みください

この記事のタグ

この記事を書いたひと

原 佑理子

原 佑理子

広報・啓発・教育グループ所属。JCVの広報とワクチン啓発活動に加え、講師派遣や事務局訪問時の講師を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。