2015/02/01

2014年度支援供与実績

2014年 支援総額:1億4,158万円

ミャンマー 約4,767万円

● 定期予防接種支援(12月)
経口ポリオワクチン809,033人分

ラオス 約2,147万円

● 定期予防接種支援(12月)
BCGワクチン20万人分、MR(麻疹、風疹)ワクチン5万人分、TD(破傷風、ジフテリア)ワクチン5万人分、経口ポリオワクチン33,333人分、注射器・セーフティーボックス(使用済み注射器回収箱)

ブータン 約4,155万円

●定期予防接種支援(1月、12月)
BCGワクチン274,000人分、経口ポリオワクチン60,500人分、MR(はしか、風疹)ワクチン96,000人分、TD(破傷風、ジフテリア)ワクチン3万3,250人分、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)ワクチン84,000人分、B型肝炎ワクチン52,000人分、アイスライン保冷庫6台、電気・ケロシン併用保冷庫22台、直接運転式ソーラー保冷庫3台、コールドボックス10個、注射器、セーフティボックス(使用済み注射器回収箱)

バヌアツ 約2,263万円

● 定期予防接種支援(1月、12月)
五価(ジフテリア、百日咳、破傷風、B型肝炎、髄膜炎桿菌b型(Hib)による細菌性髄膜炎)ワクチン11,254人分、出張ワクチン接種、両親への啓発教育、注射器、セーフティーボックス(使用済み注射器回収箱)

ソマリア 約588万円

● ポリオワクチン接種キャンペーン(10月)
経口ポリオワクチン約40,000人分、ワクチン接種にともなう治安対策費用など

パキスタン 約238万円

● 特定地域ワクチン接種環境整備向け
直接運転式ソーラーアイスライン保冷庫、発電機、ワクチンキャリアー、ワクチン接種にともなう治安対策費用など

※人数は提供した各々のワクチンの対象者数を合計した延べ人数です。

この記事のタグ

この記事を書いたひと

原 佑理子

原 佑理子

広報・啓発・教育グループ所属。JCVの広報とワクチン啓発活動に加え、講師派遣や事務局訪問時の講師を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。