2015/09/09

ミャンマー洪水アップデート:ワクチン接種ができない

8月末より続く大雨による洪水や地滑りにより、ミャンマーでは55万人以上の子どもたちが被害を受け、今もなお避難生活を送っています。UNICEFの現地調査などで、ミャンマーの保健医療サービスへの被害の様子が徐々に明らかになってきました。

ミャンマー政府によると、病院や保健センターを含む242の医療設備が損壊などの被害を受けており、保健サービスへのアクセスに影響をもたらしています。 現在、同国の定期ワクチン接種は、ワクチンを保管するためのコールドチェーン設備がダメージを受けたことにより、多くの地域で延期を余儀なくされていま す。ワクチン接種が早期に再開されるように、UNICEFは、最も被害を受けた地域の一つであるサガイン(Sagaing) 地方の村に保冷庫などのコールドチェーン設備を送りました。また、スタッフをワクチン接種が継続されている地域に派遣し、困難な中でもすべての子どもがワ クチン接種を受けられるように支援しています。

メディアであまり報道されなくなったミャンマー洪水ですが、雨季が終わる10月中旬頃まであと1カ月以上も被害が続く可能性があります。停滞しているワク チン接種が早期に再開し、子どもたちが感染症から守られるように、引き続き、皆さまからのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

子どもワクチンオンライン募金はこちら:https://www.jcv-jp.org/kifujiro/

この記事のタグ

この記事を書いたひと

高橋 昌裕

高橋 昌裕

ドナーケアグループおよび広報・啓発・教育グループ グループ長。支援者の皆さんとのコミュニケーションを担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。