2015/06/24

大垣市立赤坂中学校の皆さんが事務局を訪問

6月17日、岐阜県大垣市立赤坂中学校から生徒の皆さん6名がJCV事務所に修学旅行の一環で来てくれました。

同校はせかワクぶっく募本箱も設置しています。また、今回の事務所訪問時には校内で集めた書き損じハガキの束を事務局長に手渡してくれました。

事務所では、実物のワクチンやワクチンを低温のまま運ぶためのワクチンキャリアーを実際に見て、触れてもらいながら、JCVの活動についてご説明しました。

「1日に4,000人もの多くの子どもたちが亡くなってしまっているのが今の現実なんだと思いました」

「ワクチンを寄付することでたくさんの命を救うことができるということが一番印象に残った」

これらは生徒さんの実際の感想です。

中には「どうしてそこまで世界の中で死亡率などの差ができてしまったのかと思います」という感想を残してくれた生徒さんもいます。今回の事務局訪問が一つのきっかけとなり、広く世界で起こっている問題に意識を向けることにつながれば、うれしい限りです。

JCVでは、ワクチン接種の重要性を伝える啓発活動にも力を入れています。学校への講師派遣やJCV事務局訪問は、こちらからお申し込みいただけます。 http://www.jcv-jp.org/activity/activity.html

この記事のタグ

この記事を書いたひと

原 佑理子

原 佑理子

広報・啓発・教育グループ所属。JCVの広報とワクチン啓発活動に加え、講師派遣や事務局訪問時の講師を担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。