2015/02/13

講師派遣で下松市立久保小学校を訪問しました

2月3日の節分の日、山口県の下松市立久保小学校で行われた「エコ集会」にて、JCVの活動についてお話をさせていただきました。同校は5年前からペットボトルキャップを集め、今年度からは古本をワクチンに換える「せかワクぶっく」を開始してくださっています。

「エコ集会」には、回収協力関係者の徳山東ロータリークラブ様や地元の介護福祉施設の方も招かれ、昨年1年間の回収成果のお披露目が行われました。舞台の幕が開いた瞬間、溢れんばかりに積まれたキャップの多さに感嘆の声が上がりました。ペットボトルキャップは1,487kg、古本は310冊も集まったそうです。当日は、地域を巻き込んだエコ活動を称え、公益社団法人食品容器環境美化協会様による表彰式も行われました。

JCV活動紹介の後、元校長先生が作詞作曲された「絆~あなたとつながる心」の合唱を聞かせていただきました。「小さなキャップ一つに願い祈りをこめて もっと元気 もっと勇気 同じ地球に暮らし つながる命 絆支える手を 忘れない」この歌詞の想いを児童のみなさんが共有され、活動が受け継がれていくのだと感動しました。

下松市立久保小学校のみなさん、ありがとうございました。

この記事のタグ

この記事を書いたひと

高橋 昌裕

高橋 昌裕

ドナーケアグループおよび広報・啓発・教育グループ グループ長。支援者の皆さんとのコミュニケーションを担当しています。

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会 japan Committee Vaccines for the World’s Children

私たちは、
子どもたちの未来を
守る活動を行っています。

途上国の子どもたちに
ワクチンを贈る活動にご協力ください。