和田 毅さん

和田 毅さん

いつから意識しはじめたかはわかりませんが、社会支援をやりたいとは思っていました。でも、プロ野球選手になったらやろう、という風に考えていました。ちょうどそのころ、ワクチン支援の活動に出合ったんです。
「ワクチンを贈るというシンプルでわかりやすい活動が魅力的で、あまり迷わずJCVの活動に参加することを決めました。1球投げるごとにワクチン10本を贈るという僕のルール、このルールを自分の励みとして投げてきました。

これからも世界の子どもたちのために投げ続けたい。そして、ワクチンを贈り続けたいと思います。皆さんも、一緒にワクチンを届けましょう。